メインイメージ画像

奨学金についてチェックしておこう!

入学する学校が確定した後、寮費などをサポートするのは教育ローンだけとは言えません。奨学金も金銭面において困窮している学生達の頼りになってくれるのです。教育ローンと奨学金は何が相違するかわかりますか。最も異なる点は、教育ローンは、借入者が養育費なのに対して、奨学金の名義はお子さん自身だということです。奨学金には日本学生支援機構を代表とし、多くの種類があるのです。その借入条件なのですが、日本学生支援機構を例にとると、親の収入以外にも成績や健康など多岐に渡る審査があります。

奨学金は主に新しい生活がスタートしてからの振り込みになるので、入学金には使えないと言えるでしょう。一方、返済も長い期間の返済ために、勤務後の生活が厳しいケースもあります。

日本政策金融公庫の企画する国の教育ローンを借りた方の中から、ある人の体験談を取り上げてみようと考えます。大学に入るご子息のために、国の教育ローンを利用した方の体験談です。「国の教育ローンを選択した理由は取引先が国という理由です。

安いお金ではないから、安全なところをチョイスしたかったからなのです。金利も、民間の金融機関よりも安く、助かりました。しかしながら、審査の結果が明白になるのに長い期間が必要で、入学金を支払えるかジリジリしました。どうにか、OKでしたが予想外に期間がかかるため、期間に余裕を持って申し込んだ方がよいでしょう。」国の教育ローンは、結果後のやめることも大丈夫なので、ひとます、提出してみるのも一つの方法かもしれません。